MENU

じぶん銀行とは? じぶん銀行って何?

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とAU携帯でも知られているKDDIが共同出資によって設立したネット銀行で、2008年に設立されたばかりの新しい銀行です。

ネットをよく使う人にとっては安心して使える便利な機能が充実していて、パソコンやスマホ、タブレットからオンラインバンキングを使いたい人にとっては理想的な銀行と言えるかもしれません。

銀行はそれぞれサービスや取り扱う金融商品に特徴がありますが、じぶん銀行の場合には、ネットを使って銀行業務を行なう利用者を対象としてサービスが展開されていて、スマホユーザーならアプリを使ってたくさんの銀行業務をサッとこなせますし、基本的にネット銀行で店舗を持たないので、お金を借りる際の金利や振込する時の手数料の面でとてもお得です。

auとじぶん銀行

じぶん銀行の出資企業の一つでもあるKDDIは、インターネット事業に広く進出していて、3大携帯キャリアとなっているAUの親会社としても知られています。

そのため、スマホでAUを使っている人はもちろん、ほかの携帯キャリアを利用している人にとってもじぶん銀行はとても便利なアプリが開発されていて、入出金の取引照会はもちろん、残高照会ができたり、振込ができるなど、基本的な銀行業務はだいたいスマホだけで行えるような仕組みとなっています。

その他には、電子マネーをチャージできたり、定期預金の開設や入金などもスマホだけでできますし、ATMロックなどセキュリティ面でも機能が充実しているため、安心してスマホを使った資産管理ができます。

また、じぶん銀行のアプリにログインする際には、最初のログインだとキャッシュカードにも記載されているお客様番号を入力しなければいけませんが、スマホにデータを記憶させておけば2回目からはサッとスムーズにログインすることもできます。

普段スマホをよく使っている人や、ネットバンキングをよく使う人にとっては、じぶん銀行とAUによって開発されたアプリは、とても便利なサービスと言えるでしょう。

しかも、スマホのアプリなら一般的な銀行の窓口がクローズしている曜日や時間帯でも問題なくいつでもどこからでもさっと利用できるというフレキシブルさも魅力です。

三菱東京UFJ銀行との関係

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資によって誕生したネット銀行です。

三菱東京UFJ銀行と言えば、国内を代表するメガバンクの一つですし、巨大な金融ネットワークを持つ銀行ですから、もちろんオンラインバンキングなども充実していますし、ほかに銀行を作る必要などないのでは、と考える人は少なくありません。

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが50%ずつ出資していて、もともとは三菱東京UFJ銀行のリテールネット戦略プロジェクトとして始まり、現在では「携帯電話の中にある自分だけの銀行」というコンセプトで人気を博しています。

三菱東京UFJ銀行にはなくてじぶん銀行にはあるサービスはたくさんあります。

じぶん銀行はネット専門の銀行で、ネットを使うことで便利にサービス提供ができるものなら積極的に他社とのコラボも行っていて、例えばキャッシングやカードローンなどでお金を借りる場合には消費者金融のアコムとコラボし、審査や借入のノウハウについてはアコムが管理するというサービス「じぶんローン」も取り扱っています。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行が取り扱うカードローンは、消費者金融のアコムとの定型業務となる「じぶんローン」という商品がラインナップされています。
目的自由なカードローンなので、どんな理由で借りるのかはもちろん何でもOKです。

他社からの借り入れを一つにスッキリまとめたいおまとめローンとして利用しても良いですし、高金利で借りている他社からの借り換えに利用している人もたくさんいます。
しかも、じぶん銀行は店舗を持たないネット銀行という特徴を最大限に生かして低金利で借りられる点はとても好評で、金利は変動制なのでその都度見直しが行われますが、2016年現在では最低金利2.4%〜借りることができます。

しかも、じぶん銀行では借入額が300万円以下の場合には収入証明書の提出は不要なだけでなく、すでにじぶん銀行の普通口座を持っている人なら口座開設の時にすでに本人確認の書類を提出しているので、再度提出する必要はありません。
申し込みをしてすぐに審査が行われ、あっという間にお金を借りることができてしまう利便性は、大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

じぶん銀行のカードローンは、借入の時に満20歳以上で70歳未満の人なら誰でも借りることができます。
年金受給者でも毎月安定した収入源があれば借りることができるので安心です。

ただし、高齢の申込者の場合、完済までの年齢が制限されることがあるため、マイペースで返済をしようと思っていても年齢制限によって返済期間を自由に選べないということはあります。
これはじぶん銀行に限ったことではないので、金融機関からお金を借りる際には共通して気を付けなければいけない点と言えます。

カードローンの審査・審査にかかる時間

じぶん銀行のカードローンは、最短で即日融資が可能です。
もちろん、申し込みをしたら全員が必ず審査に通るというわけではありませんし、審査の結果によっては希望した借入額を全額で借りることができないということもあります。
しかし、今すぐにお金が必要になった時には、最短で即日融資が可能ということは大きな安心感につながります。

即日融資を受けるためには、いくつかの条件を満たすことが必要です。
まず、ローンの審査及び契約、そして融資実行ができる時間帯に申し込むことは必要不可欠です。

深夜に申し込みをして「今すぐにお金が必要」と言っても、それは難しいものです。即日のうちに融資を受け取りたい場合には、できれば遅くても午後の2時〜3時ぐらいまでには申し込みましょう。

また、早い時間帯に申し込んでも、必要な書類が揃わなければ審査を行うことができないため、身分証明書および収入証明書は必要に応じていつでも提出できるように準備しておくようにしましょう。

すでにじぶん銀行に普通口座を持っていて、借入希望額が300万円より少ない場合には、これらの書類は必要ありませんが、じぶん銀行に口座を持っていない人や借入希望額が300万円以上の場合には必ず必要になる書類なので、あらかじめ準備しておきましょう。

また、審査過程には在籍確認というプロセスがあります。
これは、申込者が申告した職場に本当に働いているかをじぶん銀行の担当者が電話確認するという作業を行うわけですが、在籍確認ができなければほかの審査がすべて終了していても融資を実行してもらうことはできません。

そのため、職場がクローズになっている時間帯や曜日に申し込んだ場合には、在籍確認ができるまでは保留ということになってしまうことはあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

ただし、在籍確認の際には、申込者が職場にいる必要はありません。
本人がいなくてもそこで働いていれば職場の人が「山田は本日はお休みをいただいております」とか「山田はただいま席を外しております」などと対応してくれるので、本人がそこにいるかどうかは全く問題ではありません。

また、在籍確認の作業では、じぶん銀行の担当者は個人名で職場に電話してくれるので、金融機関からの電話で借入れの申し込みをしたという事実が職場の人にバレてしまう心配はありません。

じぶん銀行で借入れを受けると、ローンカードが自宅に郵送されてきます。
契約してからだいたい1週間ぐらいで郵送されてきますが、転送不要の扱いとなるので注意してください。
すでにじぶん銀行の普通口座を持っている人の中には、口座を開設した時から引越しをしていて最初の住所には住んでいないという人がいるかもしれません。

その場合、住所変更の手続きをしておかないとローンカードが住んでいない以前の住所に郵送され、転居後ということでじぶん銀行に返送されてしまいます。
住所変更の手続きをすれば問題ありませんし、手続きはそれほど時間がかかりませんので、借入の申し込み前に済ませておいたほうが良いでしょう。

また、カードの郵送は、ゴールデンウィークや年末年始のように郵便が混雑する時には通常よりも時間がかかってしまうこともあるので、あらかじめ理解しておきたいものです。

気になるじぶん銀行の金利は?

じぶん銀行は店舗を持たないネット銀行です。
そのため、人件費や設備投資費などのコストを低く抑えることができるため、その分を金利や手数料の削減という形で利用者に還元されているのが特徴です。

じぶん銀行でお金を借りた場合、適用される金利は変動金利となり、毎年見直されることになりますが、ほかの一般的な金融機関と比べるとかなりの低金利で借りることができます。
借入額に応じて適用される金利は異なるものの、2.4%〜17.5%が適用されることになります。まとまった金額を借りる場合、金利が微妙に違うだけでも完済までに支払う利息の合計額が大きく変わります。

じぶん銀行のように少しでも低金利で借りられる金融機関を利用することは、長期的に大きな節約にもつながるのではないでしょうか。

しかも、じぶん銀行の出資者には携帯キャリアのAUの親会社となるKDDIがあります。
そのため、携帯でAUを利用している人なら、なんと金利面で最大0.5%もディスカウントしてもらえる特典がついています。
手続き方法などはとても簡単なので、AUを利用している人はぜひじぶん銀行のカードローンを利用するのがおすすめです。

毎月の返済はいくら?

じぶん銀行では、良心的な低金利が適用されているので、毎月の返済額も無理なく続けやすくなっています。

例えば10万円を借りた場合、金利9%以下で借りた場合なら毎月の返済額はたったの1000円になりますし、13%以上で借りた場合でも返済額は毎月2000円程度となります。
2016年現在におけるじぶん銀行の最高適用金利は17.5%ですが、最高金利で借りた場合でも10万円の借入なら毎月の返済額はたったの2000円ということになります。

もちろん、最低返済額よりも多く返済したいという時にはフレキシブルに対応してもらうことができます。
返済方法は自動振替による返済の他に、提携しているATMからの返済やネットバンクを利用しての返済、また銀行から振込という形で返済することができます。

利用できる銀行ATMには、じぶん銀行の出資元となる三菱東京UFJ銀行を始めセブン銀行とゆうちょ銀行とがありますし、その他にはコンビニ内に設置されているATMを利用してもOKです。
ATMは基本的に24時間365日いつでも利用できますが、ロケーションによってはATMが利用できない時間があったりするので、その点は注意したほうが良いかもしれません。

じぶん銀行の返済方法はいろいろな方法がありますが、その中でも便利なのは自動振替を利用する方法です。
これは、借入の契約をする時に最初に銀行口座を指定しておき、毎月一定額をじぶん銀行の普通口座に自動振替し、そこからローン返済を行うという支払い方法です。

金融機関によっては他銀行から直接ローン返済額を引き落とすというシステムになっている所もありますが、じぶん銀行の場合にはじぶん銀行の普通銀行というクッションを経ての返済となっているのが特徴です。

振替をする際の手数料などは一切かかりませんし、自動振替なら自分で毎月振り返る手間や面倒も全て省略できるので、とても便利なサービスと言えるでしょう

増額したい時にはどうする?

じぶん銀行のカードローンをすでに使っているけれど借り入れ上限を増額して欲しいという時には、増額のリクエストをすることができます。
その際、もう一度審査が行われるので注意しましょう。

基本的な審査内容は最初に申し込んだ時とそれほど大きな差はありませんが、それまでの返済状況は必ずチェックされますし、最初に契約した時から転職などで仕事を変えている人の場合にも注意が必要となります。

審査過程では勤続年数も大切な審査項目の一つとなっていて、たとえ転職で収入が大幅にアップしたとしても、転職したことによって勤続年数はガクンと少なくなってしまいます。

それが審査にマイナスに影響してしまうリスクがあるので、増額を希望する際にはそうした点をよく考えてリクエストしたいものです。